1. ホーム
  2. 各精油のプロフィール
  3. ラベンダー

ラベンダーってどんな精油?

どんな香り?

フローラルな中にも少しウッディーなノートを含んだ、柔らかで落ち着いた香り

どんな植物?

ラベンダーは地中海地方やヨーロッパなどに広く生育する多年草のハーブ。 30センチから1メートルほどの背丈にまで成長し、紫色やブルーの花を咲かせます。水はけの良い、痩せた石灰室の山岳地帯によく見られ、標高の高い地域で育ったものほど香りが良いと言われます。フランスのプロヴァンスやブルガリア、オーストラリアなどが産地として有名ですが、日本でも広く栽培されています。日本では北海道の富良野が有名です。降水量が少なく、夏暑く、冬寒い標高の高い厳しい環境が、強く香りの高いラベンダーを育てます。

エピソードや歴史、豆知識など

ラベンダーの学名は、ラテン語の「Lavo(洗う)」や「Lividus(青みがかった鉛色)」に由来していると言われます。古代のローマ人はラベンダーを浴槽に入れて沐浴し、傷ついた体を洗い流したそうです。ラベンダーのサシェを衣類を収納する引き出しに入れて、虫除けに使うことなども古くから行われてきました。香水としても人気が高く、イギリス国王チャールズ1世の妻マリアヘンリエッタ妃はラベンダーの香水を大変気に入っていました。イギリスではノーフォーク地方がラベンダーの産地として有名です。

 

精油の効能や効果について

リラックスの代名詞

アロマテラピーといえばラベンダーと言われるくらい、ラベンダーの精油は多くの人から愛されています。リラックスさせる効果が非常に高く、とりあえず1本手元に置いておきたい精油のひとつです。仕事でストレスを感じている時、些細なことでイライラしているとき、怒りがこみ上げて仕方がないとき、くよくよと悩んでしまうときなどは、ラベンダーの精油が役に立つかもしれません。リラックスさせるラベンダーの香りは、バランスを失った心と体の状態を、健康で正しい方向に導いてくれます。
ストレスを感じるとき、心のバランスが乱れているなと思うときは、ぬるめのお風呂にラベンダーの精油を数滴垂らし、深く深呼吸をしてみてください。フローラルで落ち着きのある香りが、疲れた心と体をやさしくいたわってくれます。寝付きの悪い夜には、アロマライトなどを使って香りを広げたり、ティッシュに精油を数滴含ませて枕元に置いたりするとよいでしょう。

マッサージにも人気

ラベンダーはマッサージにもよく利用される精油です。お肌にトラブルを抱える人にとっては、大変心強い味方となってくれるでしょう。原液をお肌に使用することができる精油と言われますが、お肌の弱い方はできるだけ避けた方が無難です。マッサージを行う際には、ホホバオイルなどのキャリアオイルで1%に希釈してお使い下さい。
安全性の高い精油の1つで、お子様からお年寄りまで安心して使用することができます。

ちょっとひとこと

精油イメージ ラベンダーといえばアロマテラピーではもっとも人気の高い精油のひとつですが、最初からこの香りが大好きという人はあまり多くないのではないでしょうか。むしろ使い続けているうちにだんだんとこの香りが好きになってくる、という人が多いように思います。ですので、最初にラベンダーの香りを嗅いで「そんなに好みではないなあ」と思って使わなくなってしまった人も、ときどきでもいいので、ぜひ使ってみてください。ひょっとすると、香りの好みも変わってくるかもしれません。
あらゆる場面で活躍してくれるので、とりあえず持っておきたい精油のひとつです。

おすすめの使い方

ぐっすり眠りたい夜に

お風呂に数滴のラベンダーを落とし、よくかき混ぜてゆっくりとつかります。首や肩を軽くさすったり、手足を軽く揉んだりするとよいでしょう。ベルガモットやネロリ、イランイラン、マージョラムとのブレンドもオススメです。ティッシュに精油を2、3滴垂らし、枕元に置くのも効果的です。

イライラしているとき、気分が落ち着かないとき

出先でイライラしたり、気分が落ち着かないときは、ティッシュやハンカチにラベンダーを1、2滴たらして、ゆっくりと吸い込んでみましょう。自宅にいるときには、アロマポットやアロマライトでお部屋に香りを広げてみましょう。

肩こりがひどいとき

肩こりや頭痛にお悩みの方は、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイルにラベンダーの精油をブレンドし、こめかみから首、肩にかけてマッサージしてみましょう。クラリセージやゼラニウム、マージョラムとのブレンドもお勧めです。

かぜの季節に

かぜの季節には、室内に香りを広げる芳香浴がおすすめです。ティートリーとのブレンドも良いでしょう。 なんとなく調子がすぐれないときは、キャリアオイルにラベンダーの精油をブレンドし、胸や背中をマッサージしてみましょう。ユーカリやティートリー、フランキンセンスとのブレンドもおすすめです。

お肌がカサカサする季節に

冬場などお肌の乾燥が気になる季節には、ラベンダーを使ったマッサージがお勧めです。ホホバオイルなどのキャリアオイルにラベンダーをブレンドし、やさしくマッサージしてみましょう。カモミールやローズ、ネロリとのブレンドもおすすめです。

毛穴のおそうじに

カオリンなどのクレイ(大さじ1杯)に精製水大さじ1杯を加え、ラベンダー精油を1滴加えてペースト状になるまで練り合わせます。お肌の気になる部分に5分ほどパックし、ぬるま湯で洗い流します。

相性の良い精油

スイートオレンジ、カモミール、クラリセージ、シトロネラ、ジャスミン、ゼラニウム、タイム、パチュリ、ベルガモット、マンダリン、レモン、ローズマリー

アロマオイル(精油)のデータ

植物名 ラベンダー
和名 ラベンダー
学名 Lavandula angustifolia
Lavandula officinalis
科名 シソ科
抽出部位 葉と花
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス、ブルガリア、オーストラリア
主な成分 リナリルアセテート、リナロール、(Z)-β-オシメン、β-カリオフィレン、ラバンジュリルアセテート、テルピネン-4-オール、3-オクタノン、ラバンジュロール、1,8-シネオール、カンファー

▼ラベンダーのお求めは、以下のページからどうぞ。 5mlと10mlの2種類があります。

アロマオイル(精油)ラベンダー 5ml   アロマオイル(精油)ラベンダー 10ml

選べる精油5本セット 

アロマテラピーは、病気の治療を目的とした医療行為ではありません。また、当サイトの情報は、精油の医学的な効能、効果を保証するものでもありません。精油を使用する際には、製品についての注意事項をよく読み、自己責任の下、正しくお使い下さい。妊娠中の方、病気のある方、健康状態のすぐれない方は、必ず事前に医師にご相談下さい。